【コンフィデンスマンJP】第9話のネタバレ(あらすじ)と感想 「ミックス!ガッキー再び」

★この記事は14分で読めます

長澤まさみ主演のドラマ『コンフィデンスマンJP』第9話のネタバレ(あらすじ)と感想をご紹介します。

小池徹平演じる最低社長、そしてガッキー主演映画「ミックス」に扮したダー子とボクちゃん、そして登場するのは日本卓球界のエースの平野美宇さん!いったいどんな登場をするのか?

※こちらの記事では、ネタバレの内容が記載されている場合がありますのでご注意下さい。



コンフィデンスマンJP|第9話のあらすじ

IT企業である株式会社モスモスの社長・桂公彦(小池徹平)に高額な契約金を騙し取るべく、いつものコンフィデンスマンの3人が立ち上がる。

今回は、ちょび髭(瀧川英次)からダー子(長澤まさみ)たちが応援する野球チーム、そして地元のサッカーチームが桂によって痛い目に合わされたと聞かされたからだった。

桂はスポーツ好きであり、いくつもの有能プロスポーツチームを買収していた。しかし、チームや選手に対しての態度は酷いもので、桂は実は無能であり、私物化したことによりチームが崩壊することが過去何度となくあった。

その影響もあり、メジャースポーツである野球界やサッカー界から締め出されていた。

その状況を把握したダー子達は、次に卓球に目をつけるだろうと推測する。ボクちゃん(東出昌大)とともに、鴨井ミワ(平野美宇)の所属する『東京ジェッツ』という卓球チームについて、桂に買収話を持ちかけたのだ。

しかし、その話に乗らない桂。実は、桂は卓球ではなく、プロバスケットボールチームを狙っているということを五十嵐(小手伸也)から聞く。ダー子は架空のバスケチーム『熱海チーターズ』を結成し、再度仕掛けていくのだが…

コンフィデンスマンJP|第9話の予告動画

予告動画をご紹介します!



コンフィデンスマンJP|9話のネタバレ(あらすじ)

9話のネタバレ(あらすじ)をご紹介します。

ネタバレ(あらすじ)・前編

ちょび髭(瀧川英次)が「応援していた独立リーグの野球チームや下部リーグのサッカーチームをIT企業の社長に潰された。」とダー子(長澤まさみ)に泣きついてきた。

このIT企業の社長、桂公彦(小池徹平)は若くして億万長者に成りあがった。さまざまなプロスポーツチームを買収しては横暴な行動でチームを潰す迷惑社長だった。悪行三昧の桂はプロスポーツ界から締め出されていた。

彼の実態を知ったダー子は豊富な財力を持つ桂に目を付ける。ダー子は、桂が飛びつきそうな計画を立てた。プロ目前の卓球クラブにダー子とボクちゃん(東出昌大)が中国ナショナルチームの選手に成りすまして入り込む。「私たちが卓球クラブに加入する」と桂に売り込むが興味を持たない。五十嵐(小手伸也)の情報収集から桂はバスケットボールチームに狙いを定めていることがわかった。

リチャード(小日向文世)を監督におき、偽のバスケットボールチームを作ることに。メンバーはホームレス状態の元日本代表選手や街中で見つけた長身の外国人などを集めて熱海チーターズと名付けた。所詮寄せ集めの素人チーム、公式試合でも勝利をおさめることができないでいた。

ネタバレ(あらすじ)・後編

桂社長はできそこないのような熱海チーターズに興味を示してきた。このチームを買収すると、ダー子達に話を持ち掛けてきた。億単位の金額提示をした桂にダー子は快諾した。しかも三年契約まで約束したのだった。条件は試合に負け続けること。

選手にとっては負けることは辛いことであるが、桂はまるでいじめのように試合に負けるよう圧力をかけていった。しかし熱海チーターズのメンバーは、試合に勝ちたいという野望にめざめていた。一方ダー子は度を過ぎた桂の行動が気になり、彼の過去を調べることにした。

すると桂は幼い頃から運動音痴で、クラスメイトからいじめを受けて、担任教師からも体罰をうけていたことがわかった。自分がいくら頑張っても運動能力がない、そのことが原因でクラスメイトも近寄ってくれないと。スポーツに対して敵対意識を持っていたのだった。

勝とうとするチームのメンバーにクビを言い渡す。桂は契約解消まで言い出した。ダー子は契約資金まで失うピンチに立たされた。実は桂はスポーツ好きで、楽しんで勝負をしようとする選手たちを育成していきたかったのである。

それを見破ったダー子は、彼の本音を引きだした。ダー子から言われた言葉で自分の本心を知った桂は今までの態度を一心するのだった。桂は自分がいつのまにか熱海チーターズの大ファンになっていたことに気づいた。

そしてダー子の読みが的中して、桂は熱海チーターズと正式契約をしてチームを買い取ったのだ。それから2年後熱海チーターズはトップクラスのチームになっていた。



コンフィデンスマンJP|第9話のネタバレポイント

9話のネタバレポイントをピックアップしてご紹介します。

平野美宇さんの役とは

鴨居ゆうなと鴨井ミワ(平野美宇)役で登場。相方は鹿田ゆうなで、カモシカコンビ。

登場は少しでしたが、セリフもありましたよ!演技力については言いません。若いしスポーツ選手ですからね。

レジェンド五十嵐とは

バスケ界のレジェンドとして登場した五十嵐だったが、なんと途中出場するも、16秒で腰をやってしまい退場。

しかし、今回登場した際の五十嵐のバスケのジェスチャーに爆笑してしまいました!

フーターズのチンピラ役とは

フーターズに入った、チンピラ三兄弟の俳優さんは、小澤亮太さん、伊島空さん、玉川蓮さんの3人でした。

コンフィデンスマンJP|第9話の感想

Dorabare.comに寄せられた感想をご紹介します。

30代男性:振り回しダー子さん
今回のターゲットは、若くして成功したIT社長の桂公彦のスポーツクラブを節税対策のためにダメダメチームへと変える嫌な野郎とだけ思っていたら、子どもの時の嫌がらせを受けたスポーツ音痴のコンプレックスをクラブチームを買ってめちゃくちゃにして晴らそうとした事が桂の本音だったと、スポ根ドラマに必要な要素を上手く取り入れていると感心しました。

ボクちゃんがバスケットボールのスポーツに目覚め勝つことに拘った展開は予想できましたが、監督をしていたリチャードまでがチームを勝たせてやりたい発言には驚き、いつの間にか昭和の時代にあったスポーツ根性ドラマに変化していたのがとても面白かったです。五十嵐の秘密兵器の威力が16秒だった事に大爆笑でした。

30代女性:湊海さん
今回はお金を騙し取ったというよりも、嘘から出たまことというか、結果的に真っ当なことにお金を使っただけという意外な結末だったと思います。

ダー子はお金を手に入れることにしか興味がないようでしたが、ボクちゃんの熱意が伝わって、ダー子の頑なな心を動かし、桂を説得できたというのは、ボクちゃんにとって大きな自信になったと思います。桂役の小池徹平さんが暴言を吐きまくる姿は、見ていてちょっと複雑でしたが、最後にはいつもの爽やかスマイルが見れて良かったです。

多少違和感はありましたが、ここまで普段のイメージを崩せる役もこなせるようになったのは嬉しかったです。

40代女性:パコさん
スポーツを節税対策にしているIT企業社長と、それを利用してお金を騙し取ろうとしているダー子の思惑からどんどん外れて熱くもえるチーターズの面々。スクールウォーズやスラムダンク、ルーキーズを思わせるシーンに思わずクスリとしてしまった。

スポーツは心を育てると信じている私は、最近のアメフト悪質タックル問題の泥沼化にウンザリしていたので、ベタな展開ではあるが気分爽快だった。チームメイトそれぞれのキャラ設定も細かくて良かった。五十嵐がいつも良い味を出していて、今回もちょうど良いアクセントになっていた。

だけど、スポーツにコンプレックスがあるからといって、そんな復讐ある?と思ってしまった。そこがドラマではあるんだけど、、。

40代女性:koさん
今回は、バスケのチームを適当なメンバーを探してきて、節税対策の為に弱いチームを作ってお金を騙しとるつもりだったのに、メンバーが弱いまま負け続けるような指示を受けたら、闘志に火がついてしまうという展開。

圧倒的にいつも点数が入って負けるチーターズだったのに、最後は、みんなお金でなくなってしまい、自分達から、契約金の2億5000万を返してしまって、なんの意味があったのかと思ったら、ちゃんと説得して上手く契約したから、ダー子らしいなと思いました。

ダー子は、やはり、ぼくちゃんやリチャードは、感情移入していたけどダー子だけは、最後までプロの詐欺師だと思いました、

30代女性:たかはさん
小池徹平さんは今まで良い人の役が多かったので今回の役は少し意外でしたが、思いの外合っていると思いました。

今回ダー子たちは架空のバスケットチームを作り小池徹平演じる桂を騙します。あっさり騙されて2.5億をだまし取ることができて拍子抜けしました。8話では大金をかけたにもかかわらず計画が失敗したので今回はやけにあっさり終わってしまったと思いました。桂の目的は節税対策で弱いチームが欲しかったことがわかり納得しました。

しかし、それを聞いたボクちゃんたちは必死に練習して強くなっていきます。桂を騙すために集められたチームが本物のチームのように一つにまとまっていく姿が見ていて面白かったです。まるでスポ根を見ているようでした。

次週あらすじ

次週、コンフィデンスマンJPの最終回のあらすじは、

「お金は十分稼いだから、詐欺師はやめる」とダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)に話し、いつものごとくダー子の部屋から出ていくボクチャン(東出昌大)。

それから1年、普通に引っ越しの仕事に就き、真面目に働いていたボクちゃんは、鉢巻秀男(佐藤隆太)という新人社員と仲良くなる。すると、鉢巻は親が残してくれた財産を少しづつ使いながら暮らしてきた人生だったと聞かされた。

なぜ、いままで働かなかったのに働くようになったのか聞くと、なんでも結婚詐欺に遭い、その財産全てを失ってしまったというのだった。

半年前、早苗という女性を結婚相談所から紹介され、彼女を好きになった鉢巻は結婚の約束をした。しかし、彼女はある事が理由で結婚はできないと話してきた。それが、多額の早苗の親の借金だった。鉢巻は、すぐさま遺産の3000万を早苗に貸したのだが、なんとそれから彼女と連絡が取れなくなったというものだった。

そして、可哀想に思ったボクちゃんは、鉢巻が書いたその早苗の似顔絵を見て愕然とする。それはなんと、あのダー子だったのだ。そして、もう一つの顔はリチャード。

怒りに満ちたボクちゃんは、鉢巻と一緒にダー子が暮らすホテルのスイートルームに向かう…そして、ボクちゃんは鉢巻のとった行動に驚く。そして、

それから1年後、引っ越し業の仕事に就いていたボクちゃんは、新人の鉢巻秀男(佐藤隆太)と親しくなる。体が弱かった鉢巻は、親が残してくれた資産を切り崩しながら暮らしており、いままでまともに働いたことがなかったという。だが、結婚詐欺の被害に遭い、すべてを失ってしまったらしい。

6ヵ月前、結婚相談所に登録した鉢巻は、紹介された早苗という女性と意気投合し、結婚の約束をした。だが早苗は、両親の借金を理由に結婚できなくなったと言い出したらしい。鉢巻は、迷わず全財産の3000万円を早苗に貸したが、その直後から彼女と連絡が取れなくなり、結婚相談所もなくなっていたのだという。鉢巻が描いた早苗と結婚相談所の所長の似顔絵を見たボクちゃんは、それがダー子とリチャードであると確信する。

ボクちゃんは、鉢巻を引き連れてダー子のスイートルームを訪れ、真相を確かめようとする。すると、鉢巻の態度が急変し……。最強のコンフィデンスマンに最大の危機が訪れる!

【関連記事】

【コンフィデンスマンJP】動画を9話を無料で見る方法とは?

2018.06.04

テレビ放送を見逃してしまった時は?



こちらでは、見逃してしまったドラマや、暇つぶしなどに利用される動画配信サービスをご紹介します。スマホやタブレットで通勤時間や外出中の空き時間を使って見られるのでとても便利です。

今なら、お試し期間として、無料で利用可能。もちろん、お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。
※最新情報(2017年11月時点)ですが、いつ終了するか明記されていませんので、念のため公式サイトでご確認ください。


Hulu


anone
トドメの接吻
もみ消して冬
奥様は、取り扱い注意
先に生まれただけの僕
今からあなたを脅迫します
地味にスゴイ!校閲ガール




FOD[PR]フジテレビ公式


隣の家族は青く見える
民衆の敵
コードブルー
刑事ゆがみ
ぼくは真理のなか
パパ活




U-NEXT
ポイントが必要な作品もあり。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

BG~身辺警護人~(324ポイント~)
明日の君がもっと好き(324ポイント~)
ドクターX(324ポイント~)
オトナ高校(324ポイント~)
新宿セブン(324ポイント~)
セトウツミ(324ポイント~)