「新宿セブン」6話キャストの三鷹渚役は川島鈴遥。役どころや過去の出演作品とは?

新宿セブンで清楚な少女としてテディベアを持って現れた女の子、どこかで見た事あるような・・・

その女優の名前は、川島鈴遥(かわしまりりか)さん。かなり売れっ子の子役からの女優さんでした。そんな川島鈴遥さんについて、どんな女優なのかご紹介したいと思います。






川島鈴遥とは

川島鈴遥(かわしまりりか)さんは、2002年3月17日に栃木県に生まれた15歳の若手女優です。

所属は、桐谷美玲さん、黒木メイサさんが所属する「スウィートパワー」に所属しているのですが、2010年に放送された「特上カバチ!!」で、大野杏の幼少期時代役として出演しデビューします。

当時、まだ7歳だったのですがさすがです。そこから彼女はなんと今までに、28本のドラマ、映画も5本出演!

売れっ子の子役時代を経験した今後の活躍が期待できる若手女優です。



新宿セブンで健太(中村倫也)をビビらせた役

上田竜也さん演じる七瀬と、中村倫也さん演じる健太がいる質屋にやってくる三鷹渚という女子学生という役どころ。しかし、テディベアを査定に出し、具体的な額のお金を要求するのです。しかし、名前を書かせようとすると、お金だけ持って姿を消してしまう展開に。

彼女を探す、七瀬と健太でしたが、彼女が“この世に、いてはいけない人物なのかもしれない”と聞かされます。それを聞いた健太は夢でうなされるほどに!

ネタバレになってしまうのでここまでにしますが、果たして、彼女はどんな人物なのでしょうか。



どんなドラマや映画に出演していたの?

川島鈴遥さんは、「特上カバチ!!」出演した同年に、「世にも奇妙な物語・20周年記念スペシャル」(フジテレビ)、「女帝薫子」(テレビ朝日)、「こころの遺伝子」(NHK)、「ちづる診察日録」(NHK)に出演するほど。事務所の一押し子役として注目であることがわかります。

その後も、人気は続き、2011年にも6本出演します。

しかし、翌年は2012年は、1本も映画やドラマには出演していません。理由はわかりませんが、恐らくご両親や川島鈴遥さんの意向があったのではないでしょうか。

2013年からは引き続き出演数が増えていきます。あの社会現象にもなった「半沢直樹」にも、浅野佐緒里役として少しですが出演や、最近では、小泉孝太郎主演の「警視庁ゼロ係」、志田未来主演の「ウツボカズラ」などにも出演しました。いつもは清楚なイメージが強い川島さんですが、「ウツボカズラ」では上のような活発な感じになっています。

映画でも、「八月の二重奏」からはじまり、「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE」や「恋する☆ヴァンパイア」など5本の映画に出演。それも、殆どが主役級の人物の幼少期を演じています。

過去にはCMにも出演

少し前になりますが、川島鈴遥さんはUSJのCMにも2010年~2013年まで継続して出演していました。筆者は、たぶんこれが記憶に残っていたようです。

まとめ

ドラマに多く出演するほど実力ある子役出身の女優さんでした。まだまだ若いのであどけなさがあり、今後もさらに成長し、色んな場面で目にするのではないかと思わせる女の子でした。今後の活躍に期待です。